宮古市郷土銘菓 さかさ銀杏 浄土ヶ浜
HOME
つちや本舗
商品紹介
ご注文方法
ごまでハッピー
新 商 品
義経北行伝説
新 商 品
ショッピング
FAX御注文書
お問合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

            
  つちや本舗


          代  表 赤沼 利彦

          創  立 昭和8年1月1日

          住  所 岩手県宮古市黒田町7−17

          T E L 0193−62−3001

          F A X 0193−62−3074


    先代は親戚の影響を受け駄菓子・飴・パン・和菓子職人となり、
   戦中は中国大連大隊の料理長として経験を積み、戦後は洋菓子を学
   びながら和菓子を中心に活躍してまいりました。昭和29年頃より
   陸中海岸国立公園指定の運動が盛んになる頃、お土産品・贈答品
   の開発に専念し、20種類以上の製品を作り二代目に至り、三代目は
   26才にて修行中でございます。
    現在は先代が残した技法を忠実に、素材で淡白な味わいを守り続け
   ております。




 
  
       第1〜3回 東北振興菓子大共進会褒賞 名誉大賞 受賞
       第1回 岩手県菓子工芸展岩手県知連表彰 受賞
       第1回 全国中小企業団体総連合会
           内閣総理大臣表彰 受賞
       昭和50年 施設優良表彰受賞
  
            その他多数表彰受賞

宮 古 市
宮古市は岩手県の東端にあり、本州では最東端に位置する地域です。東は太平洋に面しその海岸線はリアス式海岸の壮大な景観が広がり、三方は北上産地より連なる緑豊かな山々に囲まれた自然環境にあります。歴史は古く、縄文時代早期には人間が営みを為しており、中世時代には鎌倉幕府の支配下にあり、江戸時代には「江戸で吉原・南部で宮古」と歌われた漁業の中心地であります。
(c)2006 Tsuchiya All Right Reserved.